電話占いを上手く使うコツ

始めての電話占いは緊張して失敗する方が非常に多いです。
電話占い失敗しない為にも電話占いを上手く使うコツを今回はまとめてみたいと思います。
 

どういった失敗をするのか

 
まずはどういった失敗をするのか知っておくだけでも、失敗を減らす事ができます。
 

・緊張して占ってほしかった事が聞けなかった
・短時間で終わらせようと焦り、アドバイスや占い結果を何も覚えてなかった
・緊張で頭が真っ白になりすぐ切ってしまった

 
 

電話占いで失敗しないコツ

 
上記の失敗例を紐説くと全てにおいて緊張していたからだと考えられます。
緊張せず利用してみてと言っても緊張はしてしまうものなので、失敗しない為のコツをご紹介いたします。
 
 

 電話をかける前に相談内容をまとめる

電話占いの失敗で一番多いのが、相談内容を忘れてしまう事です。電話が繋がった途端に緊張してしまい、忘れてしまうそうです。

この失敗をしない為に大事な事が電話をかける前に相談内容をメモに書きまとめておく事です。
そうする事で緊張し相談内容を忘れてしまってもメモを見ればスムーズに占って貰え、一番相談したかった事を忘れてた!という失敗も免れます。

スムーズに鑑定が進み鑑定時間を抑えることもできるようになりますよ。

 
 

 鑑定時間を占い師に伝える

短時間で終わらそうとすると時間ばかり気にして結局うまく話せず修了という失敗もあるそうです。
鑑定時間が気になると言う方は、鑑定前に占い師に「20分でお願いします。」と伝えると占い師の方から「20分経ちました。」と言ってくれるので時間を気にせず相談可能できます。

 
 

 占い師に言われた鑑定結果をまとめる

緊張し、占い師から何を言われたか覚えてないというケースも多いです。
全部メモをとるのは難しいので、言われて印象に残った言葉だけでも殴り書きでいいのでメモしておくと思いだしやすくなります。

鑑定修了後に整理し占い師さんに言われた事をまとめておくと再び悩んだ時、冷静に考えることができると思います。
他にも再び悩み迷った時に読み返す事で励みになり幸せへの手助けになったりするでしょう。

 
 

NGな相談の仕方

 

 タメ口で相談

占い師さんも人間です。確かにお金を払っているんだし、お客様でもある事には間違いありませんが、初対面の人に対していきなりタメ口で話されるのが不愉快な方もいます。
リラックスして友達感覚で話して下さいと考えの占い師さんもいますが、まずは敬語で様子をみてみると良さそうです。

 
 

 相談が簡潔

相談内容が簡潔すぎると占い師に伝わりにくくなってしまいます。
簡潔になりすぎるときちんと鑑定を受ける事ができなくなってしまうケースもありますので、伝えるべきとこはしっかり伝えていきましょう。