世界の様々な占い

世界には様々な占いがあります。今回は、世界の占いを紹介していこうと思います。
 

紅茶占い

イギリスでは、文化としてアフタヌーンティーの文化があります。
そして紅茶を飲むのが主流な国イギリスでは本当においしい紅茶を頂く事ができます。

紅茶が主流なイギリスだからこそ生まれたのが「紅茶占い」です。

紅茶占いはハリーポッターにも出てきています。その為知っているという方も多くいます。
紅茶占いはティーパックではなく、ティーポットで茶葉から紅茶を入れてします。

ティーカップに入れた紅茶は自分の占ってみたい事を頭に描きながらリラックスして飲みます。
紅茶を飲み終わった後、さらにまた占いたい事を頭に浮かべながらティーカップを回しその後、ソーサーをティーカップの上に乗せて引っくり返し、どんな形が描かれているかで選ぶ占いです。
 
 

コーヒー占い

紅茶占いと同様の手法で行われる「コーヒー占い」
コーヒー占いはトルコ発祥でトルコに古くから伝わる占いです。

トルココーヒーの抽出は一般的なハンドドリップではなく、鍋に粉を入れて水から煮出します。出来上がったコーヒーをカップに入れて飲むもので、東京にもトルココーヒー占いを体験できるお店があります。
 
 

ジオマンシー

ジオマンシーは「土占い」と訳され、イスラム圏発祥の占いになります。

道具は好きな物を選び、「偶数か奇数か」分かれば良い占いです。
偶数か奇数かを出せるものが道具として選ばれます。

例えば・・・
・ビー玉を任意の数だけつかむ
・お米を任意の数だけ掴む
・サイコロを転がす
・コインを投げて裏表を出す
・天然石のさざれ石を任意の数だけつかむ

 
このように、身近にあるものを占いの道具として使う事ができます。

ジオマンシーはトランプ占いのように、偶然を元にした占いです。「偶然つかんだ豆の数に答えがある」という風に考えている占いです。

 
 

文鳥占い

台湾・香港でポピュラーなこの「文鳥占い」
主に台湾の龍泉寺の地下街「占い横丁」、香港のテンプルストリートで行われている占術でその歴史ははるか遠く、ペルシャからと言われています。

よく訓練された文鳥に占ってほしい事を伝えて、それを聞いた文鳥に40枚あるくじの中から運命の1枚を引いてもらうという占いです。

文鳥がくじを選ぶ姿は愛らしく、癒されるのでとても人気の占いとなっているそうです。

愛知県名古屋市の商店街でも文鳥占いが体験できます。是非、興味のある方は一度いって体験してみて下さい。